• <xmp id="e8mc8">
    <blockquote id="e8mc8"></blockquote>
  • <option id="e8mc8"><div id="e8mc8"></div></option>
  • <strong id="e8mc8"><option id="e8mc8"></option></strong>

    ニュースリリース

    「冬に発生する家庭內の課題と窓の関係についての意識調査」を実施

    節電要請が発令されることを知っていた人は約70%いるにも関わらず、具體的な対策を考えている人はわずか17.3%と判明。さらに、節電対策を実施予定と回答した人の內、半數以上の64%が「暖房」で節電対策を検討しているという結果に
    専門家は「窓」を換えることで冬の住環境トラブル改善に繋がる、と窓リフォームを推奨

    企業情報

     高い斷熱性能で夏涼しく冬暖かい“快適な住まい”を実現する「APW」樹脂窓シリーズを提供するYKK AP株式會社(本社:東京都千代田區、社長:堀 秀充)は、本格的な冬を前に20代~60代の男女1,105名に「冬に発生する家庭內の課題と窓の関係についての意識調査」を実施しました。ウクライナ危機などを背景に火力発電用の燃料である液化天然ガス(LNG)の海外からの安定調達にも懸念が殘っていることなどを理由に12月1日から2015年度以來7年ぶりに夏に続いて冬季においても全國規模で節電要請が発令される中、本調査は“家の中での冬の困りごと?お悩み”と“窓との関係の認知度“の把握を目的に行いました。
     さらに調査結果を受けて、空調?通風?給湯?自然光利用など幅広いテーマを研究している東京大學大學院 工學系研究科 建築學専攻 準教授 前 真之(まえ まさゆき)先生に建物の斷熱の重要性と樹脂窓の効果についてコメントをいただきました。

     

    ■「冬に発生する家庭內の課題と窓の関係についての意識調査」 概要
     調査期間:2022年11月16日(水)~11月21日(月)
     調査方法:インターネット調査(YKK AP調べ)
     調査対象:全國の20代~60代の男女1,105名

    ※調査表?グラフの數字は、表章単位未満を四捨五入しているため、內訳を足し上げても必ずしも合計とは一致しない場合があります。

     

    【調査結果一覧】
    ①    冬に感じる住まいの困りごと、第1位は「暖房使用による電気代の上昇」
      続いて、「朝起きたときに室內が寒い」「トイレ/浴室?脫衣室/廊下が寒い」という結果に

    ②    結露を放置するとカビが発生する原因となることを知っている人は85%以上もいるのに対し、
      自宅で結露を発生させないための対策を実施している人はわずか27.9%

    ③    結露対策を実施していない人の理由第1位は「対策を行うのが面倒」だから、
      「どんな対策があるのかよくわからない」という理由が第2位に

    ④    節電要請が発令されることを知っていた人は約70%いるにも関わらず
      具體的な対策を予定している人はわずか17.3%

    ⑤    具體的な節電対策を実施予定、もしくは具體策は考えていないが節電対策を実施予定と答えた人のうち
      半數以上の64.4%が「暖房」で対策をしようとしている

    調査結果①:冬に感じる住まいの困りごと、第1位は「暖房使用による電気代の上昇」
          続いて、「朝起きたときに室內が寒い」「トイレ/浴室?脫衣室/廊下が寒い」という結果に

     冬の住まいで困っていること第1位は「暖房使用による電気代の上昇」、第2位に、「朝起きたときに室內が寒い」こと、第3位に「トイレ/浴室?脫衣室/廊下が寒い」でした。総務省が発表している消費者物価指數では2022年10月の電気代は昨年の前年同月比よりも20.9%も増加している中、表裏一體である光熱費と部屋の寒さに関して高い関心がもたれているのが分かります。

     

    調査結果②:結露を放置するとカビが発生する原因となることを知っている人は85%以上もいるのに対し、
          自宅で結露を発生させないための対策を実施している人はわずか27.9%

     86.5%もの人が結露を放置するとカビが発生する原因となることを知っているにも関わらず、対策を実施している人はわずか27.9%という結果になりました。
     結露は濕気が多かったり、溫度が低かったりすると発生しやすくなります。結露が原因で発生するカビはダニや害蟲を発生させ、カビの胞子やダニのふんを吸い込むことでぜんそくやアトピーなどの健康被害にも繋がります。

    調査結果③:結露対策を実施していない人の理由第1位は「対策を行うのが面倒」だから、
          「どんな対策があるのかよくわからない」という理由が第2位に

     結露を発生させないための対策を実施していない人にその理由を聞いたところ、「対策を行うのが面倒」、「どんな対策があるのかよくわからない」という理由が多いことが分かりました。
     結露を抑えるには「十分な換気」と「水蒸気の発生源を減らす生活」が必要です。具體的には調理時や就寢前に換気をしたり、洗濯物の室內干しを控えたりすることなどが重要です。YKK APでは結露が発生する理由や自宅でできる結露対策などの情報も発信しています。窓まわりは結露が発生しやすい場所なので、窓を斷熱化することが結露対策の大きなポイントになります。

    【もう結露になやまない」 https://www.ykkap.co.jp/consumer/lifestyle/articles/616

    調査結果④:節電要請が発令されることを知っていた人は約70%いるにも関わらず、
          具體的な対策を予定している人はわずか17.3%

     69.7%の人が今年の冬、節電要請が発令されることを知っていましたが、実際に具體的な対策を実施しようと考えている人はたったの17.3%でした。節電要請が発令されることを知り、何かしらの対策を取らなければならないのは分かりつつも、具體策まで考えられていない人が大半だということが分かります。

    調査結果⑤:具體的な節電対策を実施予定、もしくは具體策は考えていないが節電対策を実施予定と答えた人のうち
          半數以上の64.4%が「暖房」で対策をしようとしている

     節電要請発令を受けて何らかの対策を実施予定と答えた人のうち、「暖房の設定溫度を変更する」「暖房の利用時間を減らす」のどちらか、または両方を実施しようとしている人は合計487名で64.4%となり、多くの人が「暖房の使用方法」で節電を実施しようとしていることが分かりました。資源エネルギー庁によると、冬季の家庭における1世帯1日あたりの電力消費量(2018年度)は14.2kWでそのうち32.7%が「エアコン」、14.9%が「冷蔵庫」、9.3%が「照明」と、この3つで全體の半數以上を占めています。そのため、暖房の使用方法で節電を実施することは比較的効果があると考えられます。

    《東京大學大學院準教授 前 真之先生の考察》

    調査結果①:『「冬に感じる住まいの困りごと、第1位は「暖房使用による電気代の上昇」、続いて「朝起きたときに室內が寒い」「トイレ/浴室?脫衣室/廊下が寒い」という結果に」』の考察
    皆さん冬の住まいに関してさまざまなことが気になっていることが分かります。暖房費がかさむことも、水回りや朝部屋が寒いことも全て、建物の斷熱不足が原因です。日本の家は「熱の勝手な出入りを防ぐ」斷熱の性能が不足しているためこのようなことに悩まされてしまうのです。また、斷熱が足りない室內の溫度をムリに上げようとエアコンが高溫の空気を吐き出すので、「室內空気の乾燥」も気になります。

    調査結果②:『結露を放置するとカビが発生する原因となることを知っている人は85%以上もいるのに対し、自宅で結露を発生させないための対策を実施している人はわずか27.9%』の考察
    水回りにカビが発生することは知られているため、結露もカビの原因になっていることを知っている人が多いことがうかがえます。カビは健康被害にも繋がるので積極的に対策をしてもらいたいです。

    調査結果③:『結露対策を実施していない人の理由第1位は「対策を行うのが面倒」だから、「どんな対策があるのかよくわからない」という理由が第2位に』の考察
    結露を放置するとカビの原因になることは多くの人が知っているにも関わらず、どう対策したらよいのか悩んでいる様子がうかがえます。結露の予防には、「室內の水蒸気の発生を減らす」ことと「水蒸気が結露しないよう室內の表面溫度を上げる」ことが有効です。特に、窓枠は表面溫度が低くなりがちで、結露が最も発生しやすいウィークポイント。窓枠を、熱を伝えにくい樹脂にすれば、結露防止に大きな効果があります。

    調査結果④:『節電要請が発令されることを知っていた人は約70%いるにも関わらず具體的な対策を予定している人はわずか17.3%』の考察
    世界中でエネルギーの爭奪戦が繰り広げられる中、日本でもこの冬に節電要請が発令されていることは多くの人が知っているようですが、どう対策してよいのか迷っている人が多いようです。暖房の設定溫度を下げて使用時間を減らすと、どうしても快適性が損なわれます。暖房を我慢しすぎて室溫が下がりすぎ、ヒートショックで健康を損ねては元も子もありません。

    調査結果⑤:『具體的な節電対策を実施予定、もしくは具體策は考えていないが節電対策を実施予定と答えた人のうち半數以上の64.4%が「暖房」で対策をしようとしている』の考察
    厚著や暖房など今すぐにできる対策を取ろうとしている人が多くいるのが分かりますが、生活での工夫には限界があり、やはり建物自體の斷熱性能向上が不可欠で、特に熱が逃げやすい窓のアップグレードが必要です。

    《「冬の寒さ」と「暖房費の高さ」を両方解決する方法を前先生が伝授!》
    「冬の寒さ」と「暖房費の高さ」を両方一度に解決するには建物自體の斷熱性の向上が不可欠です。斷熱の一番の弱點は「窓」ですが、逆を言えば、窓を換えることで一気に建物の斷熱性は上がります。窓を換えるというと大変そうに思うかもしれませんが、既存の窓を殘して內側に新しい障子を追加する「內窓」なら、低コストで工事も簡単です。
    私も自宅に內窓を入れてもらいましたが、採寸半日、施工1日で工事は完了。冬の暖かさと夏の涼しさはもちろん、外の騒音も聞こえなくなり、內窓の効果を実感しています。窓改修による斷熱の効果に注目し、國も大規模な斷熱窓改修への補助金も用意しているので、今が窓改修のチャンスです。

    冬に感じる住まいの困りごとは窓を換えることで全て解決!前先生オススメの「樹脂窓」とは?

     寒さが厳しくなる冬場は、暖房器具を使ってもなかなか部屋が暖まらないことがあります。冬に感じる住まいの困りごとの上位に「朝起きた時の室內の寒さ」や、「浴室や廊下の寒さ」などがランクインしました。これは熱の「溫度の高いところから低いところへ移動していく」という性質によって窓や壁、床などから暖気が外に逃げてしまうことが原因だと言われています。特に家の中から流出する暖気の約50%が「窓」から流出することが分かっています。
     そんな窓からの熱の流出を抑えるのが“樹脂窓”です。樹脂窓は、窓のフレームが樹脂でできているため、斷熱や遮熱、気密性に優れています。窓の斷熱性能を高めると暖気が逃げにくくなるため、室內の溫度低下を抑制し、効率よく冷暖房を使用することができます。また、窓を樹脂窓に交換するタイプだと年間約22,000円の節約になります。一度取り付けたら、お金のかからないエアコンが「樹脂窓」です。

     さらに、しっかりと斷熱することで外の気溫の影響を受けにくくなり保溫性が高まり、結露を抑えることもできます。結露を放置するとカビが発生する原因となることを知っているにも関わらず、「対策方法が分からない」と答えた方にもぜひ検討いただきたい結露対策の方法です。

    【冬の結露対策は樹脂窓で】 https://www.ykkap.co.jp/consumer/satellite/sp/healthcare-mado/

    ニュースリリース全文をPDF形式でダウンロード頂けます。

    ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。
    尚、YKK APウェブサイトの無斷転用?転記はご遠慮いただいております。

    ※ここに掲載のニュースリリースは報道発表時點の情報です。
    ご覧になった時點で販売が終了している場合や価格?仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

    ページトップへ
    中文字幕无码中文字幕有码,中文字幕色婷婷在线视频,中文字幕人妻伦伦_主页